KAKI blog Written by KAKI

【FIRE】メキシコ人漁師とハーバードMBAコンサルタントの話【お金と幸せの本質】

資産形成

「メキシコ人漁師とハーバードMBAコンサルタントの話」や「漁師とMBA」などの名前で紹介されているお話しを、あなたはご存知でしょうか?

資産形成のことを学び、FIREや、経済的自由を目指しているのであれば、一度は耳にしたことがあるかもしれません。

このお話は、「お金と幸せの本質」を考える上で、僕は非常に重要なお話しだと思います。

ぜひあなたもこのお話しを読んで、「お金と幸せ」について、”あなたの価値観”を見つけて欲しいと思います。

実は、本当に欲しかった幸せは、身近にあるかもしれません^ ^

スポンサードサーチ

ハーバードMBAとメキシコ人漁師の話

それではまず日本語訳を読んでみましょう。
(原文:WANT TO KNOW.INFO

メキシコの海岸沿いの小さな村を、アメリカ人エリートコンサルタントが訪れました。
波止場に止めてある漁師の船を見ると、黄色い背びれを持つ活きのいいマグロが獲れています。
そのアメリカ人コンサルタントはその船の漁師に尋ねます。

「その魚を釣り上げるのにどれくらいかかったのですか?」

メキシコ人漁師は答えます。

「数時間くらいかな。」

「なんでもっと長く海に残って、もっと魚を獲らないんですか?」

「家族が必要としている分があればそれでいいのさ。」

「では、仕事以外のときは何をして過ごしているんですか?」

「遅くまで寝て、魚を少しばかり獲って、子どもと遊び、妻のマリアと一緒にゆっくり昼寝をして、夕方頃には村に散歩に出て仲間たちとワイン片手にギターを弾いて楽しむね。本当に充実した毎日だよ。」

それを聞いて、コンサルタントは鼻で笑いながら言いました。

「私はハーバード大学を卒業してMBA(経営学修士)を取得したコンサルタントです。そこであなたに助言をしましょう。まず、あなたはもっと漁をする時間を長く取るべきです。そして、大きな漁船を買ってください。そうすれば、もっと魚を取ることが出来て、さらに多くの船を買うことができますよ。最終的には大きな漁船団を手に入れることが出来るでしょう。」

「また、仲介業者を挟まずに獲れた魚は加工業者に直接出荷しましょう。最終的には自分の加工工場を作ることが出来るでしょう。製品、加工、流通に関してすべて自分でコントロールできるようになりますよ。」

「そしたら、こんな小さな漁村を離れてメキシコ・シティに移り、その後ロサンゼルスに、最終的にニューヨーク・シティへ進出するんです。あなたの大きくなった会社を経営できるようにね。」

それを聞いた漁師は、コンサルタントに聞きます。

「で、それはどれくらいかかるんだい?」

「15~20年くらいですかね。」

「じゃあ、その後は?」

コンサルタントは興奮気味に答えます。

「ここからが最高ですよ。あなたの会社を株式公開して、自社株を大々的に売り出すんです!あなたは巨万の富を手に入れ、一躍億万長者に成り上がるのです!」

「巨万の富か…それで、次は?」

コンサルタントは満面の笑みで答えます。

「そしたら、大金を持って早期リタイヤですよ!あなたの好きなことがなんでも出来るんです!遅くまで寝て、魚を少しばかり獲って、子どもと遊び、妻のマリアさんと一緒にゆっくり昼寝をして、夕方頃には村に散歩に出て仲間たちとワイン片手にギターを弾いて楽しんだりできるでしょうね!」

物語の見解解説

いかがでしょう?

MBAコンサルタントが提唱した未来の姿は、実は「すでにメキシコ人漁師が手にしている日常!」という、なんとも”こっけい”なお話しのように感じたかもしれませんね。

でも、このお話しには「お金と幸せの本質」が積み込まれています!全世界で翻訳されて読まれていることが、とても重要な話しである証拠でもあります。本質的で良質な書物や物語は、時代を超えて語り継がれていくものだからです。

物語の本質

この物語の本質は、「現在と未来との適正なバランスを考えなさい」と僕は考えています。

例えば、30歳のあなたが「家族で世界中を旅するために、お金と時間に自由が欲しい」と、考えているとします。

そのために、お金を稼ぐことに重点を置いて、お金を追い求めて仕事に没頭したとします。そして、運よく20年後に富を得ることが出来たとしましょう。

いかがでしょう?50歳になったあなたは幸せでしょうか?家族みんな幸せになっているでしょうか?

もしかしたらこの20年間、、、

・仕事に没頭しすぎて、家族との時間がとれなかった
・小さかった子供たちは、すでに成人してしまった
・仕事が忙しすぎて、家族で旅することができなかった
・50歳の今は体力的にも衰えてしまい、世界を旅する意欲が落ちてしまった
・・・

30歳時点での目的(欲)は、「家族で世界中を旅する」でしたね。実はこの欲の本質は、「家族との時間を、特別な思い出にしたい」と言い換えることができます。

仕事に没頭してきた20年間で富を得た代わりに、その20年間の家族の時間を”犠牲”にしてしまうという、本来の目的を忘れてしまうことが往々にして起こりうります。

50歳になって、お金は得たけど、家族がバラバラになってしまったのでは、何のために頑張ってきたのか、、、ですよね。

要は、「今と未来とのバランスが重要」なのです。

・子供の教育費にお金がかかる
・自分にもしものことがあったら
・老後のことも考えておかないと

と、お金に関しての不安がどんどん出てきます。

未来が不安なので、、、
✅お金を稼がないと!
✅お金を貯金しておかないと!

不安を解消するために、今にお金が使えなくなる人も多いです。

なので、なるべく早く未来への金銭的不安を取り除くことも重要です。

未来への金銭的不安を取り除くことができたら、より今の時間を大切にできるからです。

では、どうやって未来への金銭的不安を取り除くか、それはiDeCoや積立NISAの非課税枠を活用して、効率よく資産を形成していきましょう!
この記事を参考にして下さい。

【結論】小金持ちになる方法は「毎月10万円を、年利5%で23年間運用」すること!

スポンサードサーチ

まとめ

未来のお金の不安がなくなれば、今にお金を使えるようになります。将来いくらお金がいるかが分かってないと、今に使いにくいですもんね。

いくら今の生活を楽しんでいるとしても、お金がなければ必ず将来への不安が膨らんできます

そう考えると、ハーバードMBAコンサルタントの言い分も肯定できますよね。

ハーバードMBAコンサルタントの考えは、将来への不安を取り除くために、不労所得を得るまで事業を大きくする、という考え方です。

しかし、将来への不安は取り除かれるかもしれませんが、あまりに達成するまでの時間が長く、その間の期間を仕事にばかりに舵を振り過ぎて、家族との時間を楽しめていないですよね。

要は、「将来への備えをしながら、今を楽しむ」ことができたら最高です。

将来への備えができたら、「将来への不安がないので、今がより楽しめる」と言い換えることもできます。

すでに幸せな人生を手に入れているけど、将来を考えるあまり、今の幸せに目がいかない人も多いです。いくらお金を稼いでも稼いでも、不安がなくならない人も多いです。

ポイント

欲には際限がない

「本当に手に入れたい幸せは何なのか?」

まずこれを自分の中で考え、自分の価値観、家族の価値観をすり合わせ、どこが自分たちの心地よいライン(場所)なのかを、まず認識することから始めましょう。

人生の羅針盤・地図がないと、航海はできませんよね。この物語は、この本質を言いたいのだと思います。

メキシコ人漁師と、ハーバード大学MBAの両極端な人生から、「あなたはどのバランスで生きることが幸せですか?」という、「お金と幸せの本質」を考えさせられる良い物語です。

羅針盤や地図は、人によっても違うし、年齢や状況によっても変化していきます。

ぜひあなたも、人生の羅針盤を考え、あなたなりのお金と幸せとの両立を目指して欲しいと思います。

それでは次の記事でお待ちしております。

人気記事【資産運用】インデックス投資家が老後も失敗しない5つの理由を解説!

人気記事【結論】小金持ちになる方法は「毎月10万円を、年利5%で23年間運用」すること!