KAKI blog Written by KAKI

我以外皆師匠

学び

KAKIです。

 

本日のテーマは

「我以外皆師匠」

です。

 

これは「宮本武蔵」さんの

言葉なんですが

言葉から想像できるかもしれませんね。

 

意味は

「自分以外のあらゆるものに

学ぶべきことがある」

ということです。

 

宮本武蔵さんは

あらゆる人に対して

そして草木にいたる全てにおいて

学ぶべきことがあると

言われています。

 

これが実は、人間関係においても

成長するという意味でも

とても大事です。

 

例えば

あなたが古くからの友人と一緒にいて

その友人がとてもグチっぽい人

だとしますね。

 

そのグチを聞いてると

だんだんと嫌気がさしてくるとき

ってあると思うんです。

 

嫌だなーって思いながら

ただ聞いているだけなら

その時間って無駄なような気が

してきますよね。

 

でも、「何か学ぶことがある」

と思いながらそのグチを

聞いていたとします。

 

そうすると、不思議と

そのグチの中からも

気付きや学びがあるものなんですね。

 

ビジネスという観点で見た場合

「グチは最大のビジネスヒント」

とも言います。

 

不満やグチを解消するものが

商品として販売されていますよね。

 

ビジネス観点で見れば

その友人のグチは

とても興味深い話になるわけです。

 

人間関係という観点で

考えた場合

 

子供会だったり、PTAだったり

地域の集まりを考えると

分かりやすいかもしれませんね。

 

考え方が違う人が集まると

あーだこーだ話はするけれど

なかなか考えがまとまらなくて

話が進まないことが多いです。

 

時間の無駄だなーって思う事も

多いと思うんですよね。

 

それって無意識に

つまらないなーって思っていることが

顔に出ていることもあると思います。

 

でも、「我以外皆師匠」の

マインドセットをもって

 

何か学ぶことはないかな?

 

っと考えながら聞いていると

ちょっとした話しから

何かのヒントを頂けることが

あるんですね。

 

これはあらゆる人間関係において

同じことが言えると思います。

 

取引先の方とお話ししているときも

興味深く相手の離しを聞くので

相手から良い印象を頂けることが

多くなります。

 

友人との会話にしても

母友にしても

パパ友にしても

同じです。

 

そもそもなんですが

私たち人間は

全く同じ人間というものは

存在しないですよね。

 

生きてきた環境だったり

収入だったり

考え方だったり

 

”全く同じ”ということは

ありえないですよね。

 

1日の情報量は

江戸時代の数千倍数万倍と

言われています。

 

その情報量を毎日私たちは

浴びているわけなんですが

 

その情報が人それぞれ

絶対的に違う情報をインプット

しているはずなんですね。

 

ということは、

必ず自分とは違う情報を

インプットしているので

 

「人は自分とは違う情報を持っている」

ということになるんです。

 

このように一つずつ

紐解いていくと解りやすいと

思うのですが

 

このマインドセットを持っているか

持っていないかで

 

成長スピードが確実に違ってくる

と思っています。

 

ぜひあなたも

このマインドセットをあなたの体に

浸透させて欲しいと思います。

 

では、今日のテーマは

「我以外皆師匠」

でした。

 

本日も確実に前進していきましょう!

人気記事【資産運用】インデックス投資家が老後も失敗しない5つの理由を解説!

人気記事【結論】小金持ちになる方法は「毎月10万円を、年利5%で23年間運用」すること!