KAKI blog Written by KAKI

【子育ての悩み】イヤイヤ期!自我の発達する時期の関わり方とは?

学び

2歳ごろから始まるイヤイヤ期。

子育てをするママパパにとって、子供の出来ることが増え、喜ばしいことなのですが、その反面、思い通りにいかないとダダをこねたり、イヤイヤしたり、泣き叫んだり。。。

今までママパパのペースで事が進んでいたのに、この時期になると、一気に子供にペースを乱されてしまい、疲れが倍増になってしまう事も。

周りから聞いていたけど、こんなに大変だとは。。。

上の子で経験したけど、やっぱり大変。。。

というお声をよく耳にします。

そこで今回は題して、「【子育ての悩み】イヤイヤ期!自我の発達する時期の関わり方とは?」をお話ししていきたいと思います。

仕事でお忙しいパパも、ママの苦労や頑張りを理解し、そして子供の気持ちにも寄り添った、夫婦で楽しい子育てをするために、お役立て頂けたら嬉しいです。

📓この記事で分かること

 イヤイヤ期はなぜ起こる?

✔ イヤイヤ期はいつからいつまで?

✔ イヤイヤ期の子供への関わり方とは?

✔ イヤイヤ期の対処法とは?

では、最後までお楽しみください♪

スポンサードサーチ

イヤイヤ期はなぜ起こる?

イヤイヤ期とは、子どもが成長していく中で、「自分の欲求」を認識できるようになり、相手にそれをぶつけるようになる、いわば第一次反抗期のことをいいます。

そして、イヤイヤ期は「自己主張開始時期」とも言われています。

個人差はありますが、一般的には1歳半辺りから始まり、2歳頃にピークを迎えると言われています。

1歳半くらいだと、まだまだ言語が発達しておらず、態度(ボディーランゲージ)でしか感情を伝えられない時期です。

しかも、そのボディーランゲージも未熟な事が多く、泣く、笑う、手で物をさす、物をつかむ、投げるといった、単純な動作しかできない時期でもありますよね。

ママの服をつかんだり、声を出しながら手を伸ばしてみたり、物をポイポイと掴んでは投げるを繰り返してみたり。

親にとっては、なかなか理解できない事があったりもします。

この子供が思っている主張だったり欲求が、相手に上手く伝わらないというジレンマが、子供をイヤイヤ期の総称となる行動に駆り立てる、という事なんです。

イヤイヤ期はいつからいつまで?

先程も述べましたが、個人差はあるものの、1歳半頃から始まり、3歳くらいまで続きます。

イヤイヤ期の事を、「魔の2歳児」と言われることもあります。

特に2歳後半から3歳にかけては、「言語に関連した脳領域の神経回路」が増加する時期と言われています。

という事は、この言語に関連したものが成長して、自分の主張を言語で伝える事ができれば、子供のイヤイヤ期は終わる、という事でもあるんですね。

スポンサードサーチ

イヤイヤ期の子供への関わり方とは?

子供の言語機能が成長し、相手に自分の主張が伝えられるようになれば、イヤイヤ期卒業、という事をお伝えしました。

なので、このイヤイヤ期自体は、子供の成長の過程であり、必ず起こる事で、そして必ず終わりが訪れます。

「いつまでこの時期が続くんだろう・・・」

って思うかもしれませんが、必ず終わりが訪れますので、安心してください♪

でも、日々忙しいママパパにとって、この子供のイヤイヤ期は、ボディーブローのように疲れが蓄積されていく時期なので、夫婦の協力がとても大事です。

ママは子供といる時間が長いので、どうしても冷静にみられない事もあります。

なので、パパがしっかりとそれをサポートする事が大事です。

多くのパパが仕事をしていて、育児と切り離された時間を持つ事ができます。

「気持ちの切り替えがしやすい」という様に置き換える事ができるという事です。

ママは四六時中ずっと、育児の事が頭から離れない事が多いです。仕事をしていたとしても、男性と違ってなかなか切り離せないものなんです。

なので、そこでパパが大活躍するときですので、ぜひ積極的にお子さんと関わるようにしてください。

子供は、父親から認められると、社交性だったり、自己肯定感が高まります。

それは、父親の多くは外で働きますよね。

家の外で働いて、認められて、家族が成り立つわけです。

という事は、外の世界で認められている存在なのです。

外で認められている存在のパパから褒められるという事は、子供も外の世界で認められているという様に感じ、自己肯定感が高まるという事なんです。

イヤイヤ期は、「自己主張開始時期」とお伝えしましたが、自分の考えを主張して、認めてもらいたい時期なんです。

なので、関わり方としては、お子さんの主張をきちんと聞いてあげて、その主張を認めてあげる、という事が大事になる、という事ですね。

では、これから具体的なイヤイヤ期の対処法を、お伝えしていきますね。

イヤイヤ期の対処法とは?

イヤイヤの原因と対処方法とは?

そもそも「イヤイヤ」を言う理由を考えてみると、実は対処法は簡単な時が多いです。

「イヤイヤ」を言う理由、、、

①自分の気持ちをうまく言葉にできない

自分の気持ちを、きちんと伝えられないというストレスや苛立ちから「イヤ」と言ってしまう事もあります。

子供の表情を見ると、何か言いたそうにしているのに、上手く言葉が出てこないような、難しい表情になっていると思います。

そういった時は、子供の目線にパパママも体を落とし、一緒に言葉を探してあげましょう。

そうすると、子供も事態も、その言葉を知らなくても、その言葉がこの感情に当てはまるものだ、という事が認識する事もできます。

「こういう時は、○○〇って言うんだよ~」って。

②やりたいけどうまくいかない

頭で考えている事と、実際に体で表現する事にギャップがあるとき、そのできないストレスから「イヤ」という言葉が出てくることもあります。

この対処法も同じです。

子供の目線に立ち、「一緒にやってみよう」、と抱きかかえながら言ってあげてみて下さい。

やりたいのに、体が上手く動かないストレスでイヤと言っているだけなので、パパママが上手くサポートしながら、その物事を一緒にやれると、子供は納得する事が多いです♪

③甘えたい

ただ単に、「パパやママに甘えたい」という気持ちが隠されている場合もあります。

上手く言葉が出てこないので、簡単に言える「イヤ」を連呼してしまう事があります。

ただ、「ギュー」っと抱きしめてあげるだけで、納得する事も多いです。

これらの事からもわかるように、この「イヤイヤ期」というのは、『自己』が子どもの中で芽生えた証拠であって、自立への第一歩。

対処法としては、いずれもまず「子どもの気持ちを受け入れる」という事が大事!という事です♪

ここで一つおススメなのが、「そうだよね~」という言葉♪

子供は自分の思いが通じたことで、満足感を得ることができるんです。

ぜひ試してみて下さい♪

スポンサードサーチ

まとめ

今回は、「【子育ての悩み】イヤイヤ期!自我の発達する時期の関わり方とは?」という事でお話ししてきましたが、いかがでしたでしょうか?

「イヤイヤ期は子どもが成長するうえで必ず通る道。乗り越えた時、必ず精神的に大きくたくましくなります。」

長い目で見たら、子供にとっても大人にとっても人生の中ではとても短い期間。

でも、その短い期間の出来事で、子供はとても大きく成長していきます。

その短い期間の出来事で、子供の成長の方向性が変わる事もあります。

そして、この時期は永遠に続くものではありません。

なので、ぜひパパもママも、この時期の子供の成長を楽しんで欲しいなと思います♪

最後までお読み頂き、ありがとうございました♪

人気記事【資産運用】インデックス投資家が老後も失敗しない5つの理由を解説!

人気記事【結論】小金持ちになる方法は「毎月10万円を、年利5%で23年間運用」すること!