KAKI blog Written by KAKI

【Mac】PNGをJPEGに画像軽量化!無料で一括変換する方法を解説

ブログ運用

Macユーザーが無料で簡単にPNGからJPEGに変換する方法ってないの?

この記事では、Macの標準機能を使って、PNGからJPEGに一括変換する方法を解説しています。

画像形式をPNG形式からJPEG形式に変換することで、ブログ記事の画像を軽量化することができ、表示速度を高速化することができます。JPEGに変換するのは、一般的にPNGよりJPEG形式の方が「画像サイズが小さい」からです。この方法を知って、一手間加えるだけで、ブログの表示速度は格段に早くなりSEO対策にもなります。簡単ですので、ぜひ覚えて実践してみてください。

スポンサードサーチ

画像サイズを小さくする3つの主なメリット

なぜ画像サイズを小さくした方が良いの?

画像サイズを小さくした方が良い、とよく聞きますが、なぜ画像サイズを小さくした方が良いのでしょう。
画像サイズを小さくするメリットは主に3つあります。

1)サーバーへのアップロードにかかる時間が短縮される。
2)サーバーの容量を節約できる。
3)ブログの表示速度が上がる。

1、2、3は全て繋がっていて、1)サーバーへのアップロードにかかる時間が短縮されると、ブログ発信者にとっての時間短縮になりますし、2)サーバーの容量が節約できれば、サーバーの負荷が減りサーバーからのデータ抽出が早くなり、結果、3)ブログの表示速度が上がり、読者は負担なく記事を読める、という構図になります。

つまり、画像サイズを小さくすることは、読者満足度が高くなる、ということですね!

でも、画像サイズを小さくすると、画質が悪くなるんじゃないの?

PNGからJPEGに軽量化したということは、画像サイズが小さくなり、それはすなわち「画質が落ちる」ということでもあります。なので、僕はブログ記事においてはPNGとJPEGを使い分けています。

PNGとJPEGの使い分け

PNG形式とJPEG形式、どのように使い分けたらいいの?

PNGとJPEG、私は次のように使い分けています。

■ PNG:画像を大きく表示するもの
・ロゴ、アイコンなど
■ JPEG:画像を小さくしか表示しないもの
・ブログの記事内の写真

このようにあらかじめ分けておくと、迷わずに作業ができます!

スポンサードサーチ

Macの標準機能でPNGからJPEGへ一括変換する方法

それでは、順番にMacでPNGからJPEGへ変換する方法を順番に解説していきます。

実は、別のアプリや機能をダウンロードする必要がなくて、Macの標準機能を活用して設定さえすれば、簡単に変換することができるんです。

1、対象の画像ファイルを選択し右クリック
2、「このアプリケーションで開く」
3、「プレビュー(デフォルト)」
4、「command+A」で、全部の画像を選択
5、「ファイル」をクリック
6、「選択中のイメージを書き出す…」をクリック
7、「オプション」をクリック
(オプションの左にある、「新規フォルダ」を選択して、新しくフォルダを作成しても良い)
8、フォーマットを「JPEG」にする。
(品質を変更しても良いが、私は下図のデフォルトままにしています。)
9、右下の「選択」をクリックすると、PNGからJPEGに変換された画像が、選択したフォルダに保存されます。

画像サイズは、PNGからJPEGに変換すると、ずいぶんと軽症化されていることが分かると思います。

まとめ

いかがでしたでしょうか?ツールなど何もダウンロードする必要もなく、とても簡単ですよね。Mac(PC)に負担をかけないようするためにも、極力標準搭載された機能を使うことも大事です。他にも有用なツールもたくさんありましたが、僕は今もこれに落ち着いています。慣れるとあっという間にできますからね。

あと、僕の場合はもう一つ「ImageOptim」というツールを使って画像を軽量化しています。極力ツールを使わず、と言っておきながらすみません。このツールもすごく簡単で、もう全くと言っていいほど手間がかからず、一瞬でできてしまうんです。

さらに画像サイズが小さくなっていますよね。ぜひ下記の記事も参考にしてみてください。

では次の記事でお会いしましょう^ ^

 

人気記事【資産運用】インデックス投資家が老後も失敗しない5つの理由を解説!

人気記事【結論】小金持ちになる方法は「毎月10万円を、年利5%で23年間運用」すること!